作家でごはん!伝言板

新しく書き込む

「満足稲荷」に行って来ました。

四月は君の嘘〜

(疲れたんで、旅程2日縮めて、今日帰って来たんです)


前に、京都近代美術館に行こうとして、方向音痴のあまりぶち当たった「満足稲荷」。
よしもとの芸人さんが「M1グランプリで優勝できますように」と串を奉納していたのが印象深かった「満足稲荷」。
今回も東山の駅で「??」になってて(意図的に再び迷うおうとすると、うまいこといかないもんで……)、
道路工事のあんちゃんが親切に「行き方」を指南してくれた。

その兄ちゃんの教え方が「最もシンプル」で・・
歩いてみたら、「満足稲荷」は、なんてことない「細見美術館の近く」だわ、東山駅からまっすぐ歩けば円山公園で長楽館だったわで、
「これまで、地下鉄とバスで苦心していたのがバカみてぇだったわ……」と、目から鱗。

(秀吉の「満足稲荷」→「円」山公園 →タバコ王の「長楽館」で、千円札の人の揮毫を眺める〜 って、金運つきそうでオススメよ〜?)


間2日ばかりざんざん降りで、旅程短縮してしまったので、
東大阪方面、「残念様」(木村重成)には行かずじまいになった。

「残念様」は・・「誰より残念な思いを抱えて散った、戦国イケメン武将が、残念な思いをしている方々を応援してくれる」らしいよ〜。


あと、個人的にここのサイトの人らにオススメなスポットは「出世稲荷」じゃないか?? って思うんだけど、
神社本体が資金繰りに苦慮した挙句、境内すべてを売り払って「大原」に移転してしまっていた〜〜。
(前は、二条城や神泉苑から、一条戻り橋&晴明神社に行く途中にあったんだけど、大原までは中々行けないよなー・・)


疲れた。。トシだから。。

四月は君の嘘〜

どうもありがとうございました。

瀬尾辰治

自分がここで書いたのは一作品だけでしたが。
そのように書いてしまうと、違うように取られても仕方ない。
それには納得で、貴重な指摘はなるほどでした。それに参考になることなど、コメントをくれた方々にも感謝。

あと、指摘をしていると気づくことも多々ありました。感謝してます。

一応、視点など他、全て分かった気がしているから、自分はこれで卒業。
これまで指摘させていただいた方々、ありがとうございました。

瀬尾辰治

あの男は猫を心から愛してはいなかった

卑怯者

猫を飼う上で大事なのは、
「最期まで面倒を見れるか?」
ということだと思う。

私の知り合いにすごい猫好きがいて、
その人は途中で猫を捨てる奴は何だかんだとご高説を披露していたんだけど、
それから一年たつかたたないうちに捨ててた。

「好きだから」「可愛いから」
こういう気持ちから生じる愛情がいかに激しいものでも、結局それは人間の側の自己満足なんだなって思った。
人間の側が冷めてしまったら、あっという間に消えてしまうものなんだなって。

その人の猫へののめりこみようがすごかったからこそ、
いざ捨てることになった時のあの開き直りようがグロテクスだった。
たぶん、その人なりに葛藤はあったんだろうけど、
結果としては「何だ、やっぱり軽い気持ちで飼ってたんだ」としか思えない。
結局は、楽しさが薄れて来たら、面倒なことが多くなって来たら捨てちゃうんだ。

本当にその猫を愛していたなら、何があっても捨てちゃいけなかったんだと思う。
どんなに自分の生活の質が落ちても、裏切っちゃいけなかったんだ。
どんな理由があっても、あいつは、猫を裏切ったんだってことの重みを噛みしめながら生きて行くべきだと思う。
でも、あいつは、たぶん、忘れるだろう。
あいつは、しょせん、頭が空っぽの人間だから。

卑怯者

クエルボ

風間ゆみ

君は多分

小説家にはなれない

そして、僕は多分

小説が書けない


小説とは? と問われて

明確に答えることが出来る奴は

それの表層すら見えてない

だろ

苛立たしいし妬ましい

今日も死んで

明日も死んで

妬ましい

猫を飼いたい

犬は嫌いだ

風間ゆみ

後悔

卑怯者

もっと心に余裕を持てたらよかった

どうしてあんなに何かに追いつめられているような気持ちでしかいられなかったの

自信のなさの表れだったのかな

自分を守ろうとしてたのかな

心を開くのが恐かったんだと思う

エントリーする資格さえないのに情熱に翻弄されて

微笑みは勇気の証だね

プライドを守るために憎んでいるふりをしていた

震える自分を隠していた

卑怯者

外野席

野次馬

学歴とかIQとか、小説に関係の無いことが問題になっていますね。

ここでは、投稿された小説が良いかどうかだけを問題にすべきなのに。

野次馬

素直な自分になれたら

どういうことなのか不思議に思ってる人

素直な自分になれたら、

もう一度、夢に向かって挑戦してみたい。

真剣に夢と向かい合いたい。

忘れかけてた、大切な夢と。

いつか、夢は現実に。

どういうことなのか不思議に思ってる人

大切なことに気付いたよ

どういうことなのか不思議に思ってる人

朝の光浴びて、

自分の本当の気持ちを考えてみたんです

さびしかったのかもしれない

認められたかったのかもしれない

でも、それを埋め合わせるのに人に頼っちゃいけないんだって気付いた。

私は孤独。

せめて孤高と言いたいかな。

それを心の障害のせいだけにするのはずるいのかも。

だって、障害は私自身じゃないもの。

それはひょっとしたら努力次第で乗り越えられるものかもしれないじゃない?

やっぱり、一人で生きて行く強さを身につけなきゃって思った。

そして、素直になりたい、いろんなことに対して。

これまではずっとかたくなだったから。

素直って、謙虚さにすごく似てると思った。

どういうことなのか不思議に思ってる人

ばいばい

どういうことなのか不思議に思ってる人

今までありがとうございました。

どういうことなのか不思議に思ってる人

ついにやり遂げた感がすごいです

どういうことなのか不思議に思ってる人

そういうことで、

さようなら。

どういうことなのか不思議に思ってる人