作家でごはん!伝言板

連休中に思ったこと2

鴨ミイル

読者が何を読みたいのか、それは、一人一人の読者に聞かなければ分かりません。
けれど、身近なところに読者がいることに気付きました。
それは自分です。
自分も読者の一人なのです。
読者の立場として、自分がどんな物語を読みたいのかを自分の胸に聞いてみるのです。