作家でごはん!伝言板

連休中に思ったこと3

鴨ミイル

けれども、書き手としての自分と読者としての自分を差別化して冷静に見つめるのは案外難しい。
何かを書きたいと思っている時は、書きたい自分ばかりが前面に出て、読者としての自分が置き去りにされることが多いです。
書いている時の自分、または、書くことにばかり慣れてしまった自分というのは、
自分はこういうことを書きたいんだという衝動に酔ってしまって、
純粋に読者の立場で自分の作品を鑑賞する余裕がなくなっている気がするんです。
表現者の精神状態は、熱にうかされている状態だと思うんです。
そんな状態で、読者の自分と書き手の自分をスイッチひとつで切り替えられるものでもない。
でも、それが出来たら、1つ次のステージに進めるような気がしているんです。