作家でごはん!伝言板

焼き肉追従

タン

焼き肉ではカルビとタンが好きだ。あの、甘いタレと中濃の濃いタレを、小皿に垂らして、ワクワクと網の上で肉汁が浮いて、香ばしい香り立ちを楽しむ。カルビはカリカリになる前に、しっかりとトングで掴んでひっくり返す。綺麗な焼き色は食欲をそそり、思わずつばを飲み込む。上質な旨味が約束されてるカルビの旨味は何もかも超えていく。濃いタレをつけて、それは肉の旨味とジューシーな肉汁と混ざりあい、熱々の舌の上でとろける肉は、すっかり私の舌を肥えさせる。牛タンの薄い肉は食べやすく軽いようでいて、複雑な旨味と、仄かな渋みによって、牛の食材の万能性を思わさずにはいられない。