作家でごはん!伝言板

うぃ

ある日、あふ

肉のから滴る肉汁を鉄板に吸わせてやる必要などないのではないだろか?
男は考えていた。
しかし、肉を越えるものとは一体何であろうか?